日本共産党 岐阜県委員会です

新着情報

日本共産党岐阜県委員会は、6月20日に岐阜県庁で記者会見を行い、小選挙区の岐阜1区、2区の予定候補を発表しました。

         【 岐阜1区 】

山越 徹 (やまこし とおる  54歳) =新=

  岐阜工業高校(定時制)卒業

  21年 衆院選衆院岐阜1区に立候補、

  23年 岐阜市議選に立候補

   現在、党県委員 党岐阜地区委員会副委員長

【 岐阜2 】                          

三尾 圭司 (みお けいじ  47歳) =新=

  中京大学卒業

  21年 衆院選衆院岐阜2区に立候補、

  23年 岐阜県議選大垣選挙区に立候補。

   現在 党県委員 党西濃地区委員会副委員長

     岐阜県・各地区大会の日程

東濃西地区  

  主催 党 東濃西地区委員会  ☎(0572)23-8847

   日 時 25日()午前10時~

   場 所 土岐市総合福祉センター・ウエルフェア土岐 土岐市下石町1060番地   

岐阜地区  

  主催 岐阜地区大会実行委員会  ☎(058)216-2074

   日 時 29日()午前10時~(会場9時30分)

   場 所 党 岐阜県委員会事務所  岐阜市西野町5-4-1 

   

《岐阜県大会》  

  主催 岐阜県大会実行委員会  ☎(058)265-3871

   日 時 10日()午前10時~(会場9時30分)

   場 所 党 岐阜県委員会事務所  岐阜市西野町5-4-1 

    ※岐阜県大会は各地区の優勝者によって行われ、優勝者は全国大会に出場できます。

●大会には囲碁・将棋に興味のある方なら誰でも参加できます。

●中濃地区は開催をしません。西濃地区、恵那地区、飛騨地区は決まり次第掲載をさせて頂きます。

●大会への参加については、記載の各地区委員会若しくは岐阜県委員会にお問い合わせください。

岐阜県母親大会開く

 岐阜県恵那市で6月30日、第66回岐阜県母親大会が「憲法を生かして誰もが安心してくらせる平和な社会を」をテーマに開かれました。医療・介護、平和、環境、消費税、学校教育など幅広い12の分科会と、プロダイバー・環境活動家の武本匡弘さんによる記念講演が行われ、オンラインを含め約730人が参加しました。主催は、実行委員会です。

 「子どもの権利は守られているか」と題した分科会では、川上貞夫さんが恵那市南地区の中学校統合問題を提起し、小規模校を存続している市や義務教育学校に再編した市などの事例が参加者から報告されました。恵那市の保護者は「市は地域の将来的なビジョンを示し、子どもや保護者の声を聞いて進めてほしい」と話しました。

 武本氏は「海の中から地球が見える~気候危機と平和の危機~」と題して講演。海の環境破壊と、地球温暖化、気候変動、気候難民などを関連付け「気候正義」を説明。「準備段階を含め軍事行動は地球を破壊する」。「原発、軍拡、気候それぞれは連関した問題で、そのもとには破滅型の資本主義経済がある」と指摘。この社会を変えるために「若い人と一緒に声を上げ行動しよう」「できることから楽しく取り組もう」と呼びかけ、に、参加者から大きな共感の拍手が湧きました。

参加者への質問も交えて講演する武本氏=6月30日、恵那市

岐阜・大垣 西濃9条センターが宣伝行動

 「憲法9条を守る西濃共同センター」(笹田参三代表)は6月25日、岐阜県大垣市のJR大垣駅北口で宣伝行動を行いました。

 中将国会の閉会を受けて、同センターに参加する13団体から集まった人たちは次々とマイクを握ってスピーチ。9条改憲など戦争する国づくりを強行する岸田政権の悪政を批判して、政治改革を呼びかけました。

 参加者のスピーチでは「抜け穴だらけの改定政治資金規正法に国民はより批判を強めており、企業・団体献金禁止を実現するまでたたかい抜こう」「軍事費を年間9兆円まで増やしながら、国民には年金改悪や異常な物価高を押し付ける岸田政権に総選挙で審判を下しましょう」などと力強く訴えました。

通行人に訴える参加者 = 6月25日、岐阜県大垣市

岐阜 第27回写真展 わたしの視点

 岐阜市の県美術館で6月25日から30日まで、日本リアリズム写真集団(JRP)による第27回写真展―わたしの視点が行われました。

 支部会員11人が、全国公募展「視点」の県内入選作品を19枚、その他に組み写真計108枚を出展しました。

 祭り、街並み、田畑や川、沖縄や原爆ドームなどそれぞれのテーマで撮影の仕方もさまざま。故郷を離れて生活する男性を追った作品は、無表情な生活写真と孫に向けた笑顔の写真を白黒、カラーで撮り分けるなど、とても印象的です。

 参観者は「このカベの落書き見たことあるね」「作品名がおもしろいね」など思い思いに作品と向き合っていました(写真)。

 事務局の桜井邦彦さんは、組み写真は、例会で人の意見を聞いて並び替えるとまた違った見え方がするんですよ」と語りました。


© 2014 - 2024 日本共産党岐阜県委員会