党創立95周年記念レセプション開く

カテゴリー:

 日本共産党岐阜県委員会は7月30日、岐阜市内のホテルで党創立周年記念レセプションを行い、各界、各分野から約120人が参加しました。

 松岡清党県委員長は、党創立95周年を記念し、「県党史年表」の作成と世紀を見据えた新しい県委員会事務所建設の意義を語り、「速やかな解散・総選挙で安倍政権を打倒し、県党の躍進を支える強大な党建設に心新たに立ち向かおう」とあいさつしました。

 平和と革新をめざす岐阜県の会(革新懇)、市民と野党の統一組織「ピースハートぎふ」などの団体が来賓あいさつ。民進党県連代表の今井雅人衆院議員、社民党県連の森廣茂代表、池田町の岡﨑和夫町長からメッセージが寄せられました。
 武田良介参院議員は国会論戦で野党が力を合わせて安倍政権を追い詰めた経過を語り、野党共闘の力を総選挙勝利に結びつけようと訴えました。山越徹衆院岐阜1区、森桜房義2区、井上諭3区、小関祥子5区の各候補が紹介され、中野たけし衆院東海比例候補があいさつしました。
 県党史のスライドショーでは、県下で初めて国会議員が誕生したみのわ幸代さん、応援演説で岐阜入りした不破哲三さん、宮本顕治さんの写真に懐かしみ、参加者は久しぶりの出会いに話が弾みました。
 千葉碧さん(83)は「懐かしい人に会えてうれしい。何より元気で参加できたのはよかった。新事務所ができるのは本当に楽しみ。」と感想を語りました。

© 2014 - 2019 日本共産党岐阜県委員会